子宮筋腫

子宮筋腫全摘開腹手術 術後2日目

マチパー
マチパー
アラフィフ、アレルギー持ちのマチパーです。

子宮筋腫が急成長していると健康診断で指摘され、再検査。

医者から生理を半年止め、筋腫を小さくする治療法もあるよと言われましたが

マチパー
マチパー
いやいや、半年止めた所で治療を止めたら成長するんでしょ~
マチパー
マチパー
それに生理を止めることで更年期症状がドッと出るのは耐えられない!

と、「一発KO」となる子宮全摘開腹手術を受けることを決意した私。

この記事では、化学繊維アレルギーや喘息、花粉症など様々なアレルギーを抱える

私が、入院し手術を受け回復する過程について書かれています。

40代の2人に1人が持っていると言われている子宮筋腫。

この記事を読み終えることで、アレルギーを抱えながら手術や治療に臨む人の

参考になればうれしいです。

子宮筋腫とは?子宮筋腫持ちマチパーが解説この記事では、私のように謎の生理不順で悩む人に対し「年齢のせいかも」「更年期の時期だから仕方がない」と思っている人に向け書かれています。 生理不順が実は30代以上の女性にポピュラーにある「子宮筋腫」だったとしたら。この記事を読み終えることで、生理不順の原因の一つに子宮筋腫も考えてみるきっかけになれば幸いです。...

子宮全摘開腹手術後2日目の様子は?

2020年4月、新型コロナウイルス感染拡大の最中、子宮筋腫による

子宮全摘手術を受けました。

術後すぐ、麻酔からくる右足の痺れと39度の高熱を出しナースステーション横の

HCUから出れなかったのですが

部屋に戻ってポータブルトイレのお世話になり、身体を冷やす処理をしてもらった所

ようやく熱が下がってきました。

HCUから出た直後は、重湯にリンゴジュースという実に寂しい食事再開だったのですが

高熱と足の麻痺に悩まされながらも、重湯や三分粥はしっかり完食していました。

まーくま
まーくま
よっ、マチパーさん素晴らしい食い気!
マチパー
マチパー
うーん、不思議なんですが入院中はどんな食事でも待ち遠しいし美味しく感じるんですよね…

そのおかげで、翌日から頭がスッキリし、平熱にも戻り朝から五分粥を頂きました。

子宮全摘開腹手術後の食事…五分粥から七部粥に昇格!

1日目に歩けなかった遅れを取り戻すかのように、日中は出来るだけ立つか

座位を保つようにしていました。

まーくま
まーくま
寝てなくて大丈夫なんですか?

看護師さんが教えてくれました。

マチパー
マチパー
昔は子宮を全摘したら、1週間ずっと寝てばかりだったと。でも今は翌日から歩かされると。理由は、血栓予防と、腸の動きを良くするためだそうですよ。

病院によっては、ベットの上でご飯を食べていたら怒られる所もあるようです。

まーくま
まーくま
おおっ!ハラキリ後の次の日から歩けるなんて!?

新型コロナウイルス感染拡大時の入院はこんな感じ

今は新型コロナウイルスの最中。家族の面会も一切NGになっています。

洗濯ものや差し入れの受け渡しは看護師さん経由になるので、患者さんが

どう過ごしているのか、詳細はわかりません。

マチパー
マチパー
看護師さんから「何か欲しいものがあったら買ってきてあげるから!」といわれてましたが、さすがに悪いな…と思い遠慮していました。

もちろん患者も同じで、トイレの往復以外は基本自室で過ごす必要があります。

元気でも買い出しはおろか、食堂にも入ることができません。

マチパー
マチパー
食堂はナースステーションの横なので、それこそ歩いていたら怒られてしまいますね。

新型コロナウイルス対策に個室をお願いして正解だった

自室以外の立ち入りがNGとなった今、個室で動き回れることのありがたさを感じました。

初めての個室でしたか、ソファーがあるので日中は座って過ごすことが出来ること。

あとはテレビカードでないのて、自由にみることができたこと。

マチパー
マチパー
DVDも見れるようになってました!

あとは気兼ねなく電話のやりとりができました。

マチパー
マチパー
…仕事の電話もかかってきましたが

というわけで、歩けることの幸せや、トイレに行ける幸せを実感できた術後2日目でした。

子宮筋腫全摘開腹手術 当日この記事では、化学繊維アレルギーや喘息、花粉症など様々なアレルギーを抱える私が、子宮全摘手術のため入院、手術を受け回復する過程について書かれています。 40代の2人に1人が持っていると言われている子宮筋腫。この記事を読み終えることで、アレルギーを抱えながら手術や治療に臨む人の参考になればうれしいです。 ...
まーくま
まーくま
「お問い合わせフォーム」
ABOUT ME
マチパー
マチパー
40代、複業ブロガーマチパーです。 アレルギーやPMS、更年期と共存しつつ、冷えとりや心身とお財布に優しい生活を心がけています。